CAT & KITTEN
ドライキャットフード

CAT & KITTEN
ドライキャットフード

全猫種、全年齢

猫は、年齢に関わらず生物学的に動物性タンパク質を必要としています。
中近東のリビアヤマネコを祖先に持つ猫は、健康維持のために動物原材料を多く含む食事を必要とするように進化してきました。
オリジン キャット&キティは、放し飼いの鶏肉と七面鳥、天然の魚、平飼い卵から作られた栄養価の高いタンパク質を含んでいます。
動物原材料の3分の2は新鮮または生で、タンパク質がぎゅっと詰まっています。
猫の祖先が野生で狩りをして食べていた食事を真似て、肉、内臓、軟骨、骨など、獲物となる動物を丸ごと使用しているので、猫が幸せで健康で丈夫であるために必要なものをすべて摂取することができます。

オリジンの哲学

  • 生物学的に適正

    生物学的に適正

    愛猫にぴったりのタンパク質豊富なフード
  • 動物原材料のトップ10が新鮮または生

    動物原材料のトップ10が新鮮または生

    栄養素を最も自然かつ栄養価の高い形で提供
  • ホールプレイ(原材料を丸ごと配合)フード

    ホールプレイ(原材料を丸ごと配合)フード

    家禽類、魚、内臓、軟骨、骨など、野生の状態で猫が食べるものを再現
  • フリーズドライのレバー

    フリーズドライのレバー

    愛猫が喜ぶ味のキブル

良質な原材料から生まれる良質なフード

原材料の割合は?

85%が良質な動物原材料

85%が良質な動物原材料

85%が良質な動物原材料

原材料の割合は?

85%が良質な動物原材料

必須タンパク質、ビタミン、ミネラルを豊富かつ自然に摂取することができます。

新鮮/生の原材料の割合は?

原材料の3分の2は、新鮮または生の家禽類と魚

原材料の3分の2は、新鮮または生の家禽類と魚

原材料の3分の2は、新鮮または生の家禽類と魚

新鮮/生の原材料の割合は?

原材料の3分の2は、新鮮または生の家禽類と魚

愛猫が喜ぶ栄養たっぷりの美味しいフードに。

量は?

5種類の動物原材料の使用割合(ホールプレイ率による)

  • 1 2/3kg
    1 2/3kg 鶏肉、内臓、軟骨
  • 3/4kg
    3/4kg 七面鳥、内臓、軟骨
  • 1/3kg
    1/3kg 平飼い卵
  • 1/4kg
    1/4kg 天然丸ごとニシン
  • 1/4kg
    1/4kg 天然丸ごとカレイ

原材料

新鮮鶏肉(18%), 新鮮七面鳥肉(7%), 新鮮全卵(5%), 新鮮鶏レバー(5%), 新鮮丸ごとカレイ(4%), 新鮮丸ごとニシン(4%), 新鮮七面鳥レバー(4%), 新鮮鶏心臓(4%), 新鮮七面鳥心臓(4%), 新鮮鶏ネック(4%), ディハイドレート鶏肉(4%), ディハイドレート七面鳥肉(4%), ディハイドレート丸ごとサバ(4%), ディハイドレート丸ごとイワシ(4%), ディハイドレート丸ごとニシン(4%), 鶏脂肪(3%), 丸ごと赤レンズ豆, 丸ごとグリーンピース, 丸ごと緑レンズ豆, 丸ごとヒヨコ豆, 丸ごとイエローピース, レンズ豆繊維, 丸ごとピント豆, 丸ごと白インゲン豆, ディハイドレート鶏軟骨(1%), ニシン油(1%), フリーズドライ鶏レバー, フリーズドライ七面鳥レバー, 新鮮丸ごとカボチャ, 新鮮丸ごとバターナッツスクワッシュ, 新鮮丸ごとズッキーニ, 新鮮丸ごとパースニップ, 新鮮ニンジン, 新鮮丸ごとレッドデリシャスリンゴ, 新鮮丸ごとバートレット梨, 新鮮ケール, 新鮮ホウレン草, 新鮮ビートの葉, 新鮮カブラ菜, ブラウンケルプ, 丸ごとクランベリー, 丸ごとブルーベリー, 丸ごとサスカチューンベリー, チコリールート, ターメリック, オオアザミ, ゴボウ, ラベンダー, マシュマロルート, ローズヒップ 酸化防止剤:天然成分から抽出したトコフェロール 添加栄養素(1kg当たり):亜鉛キレート 100mg, 銅キレート 11mg, 塩化コリン 1200mg 添加腸球菌:エンテロコッカスフェシウムNCIMB10415:600x10^6CFU 

保証成分

  • 粗たんぱく質 40 %
  • 脂肪分 20 %
  • 粗灰分 8%
  • 粗繊維 3 %
  • 水分 10 %
  • カルシウム/リン 1.4% / 1.1 %
  • マグネシウム 0.1 %
  • タウリン 0.2 %
  • オメガ6脂肪酸 3.1 %
  • オメガ3脂肪酸 1 %
  • DHA/EPA 0.3 % / 0.2 %
  • 代謝エネルギー(ME)は4160kcal/kgまたは250mlカップ1杯(130g)につき540kcalです。

給餌方法

1日の給餌量の目安を算出してみましょう

以下のツールは出発点となるものです。最適な体重と最高のコンディションを維持するためには必要に応じて調整してください。調整の目安として愛猫の体重を測定することをお勧めします。給餌は1日2回とし、常に新鮮できれいな水を用意しておくことをお勧めします。

測定単位

1日の給餌量

選択肢を選ぶと、結果がここに表示されます。

    
★★★★★

0

0件のレビュー

下の☆を選択すると絞り込みができます。

5☆

0

4☆

0

3☆

0

2☆

0

1☆

0

平均顧客評価

総合

★★★★★

0

品質

0

価格

0