ORIGINAL
ドライドッグフード

ORIGINAL
ドライドッグフード

全犬種、全年齢

祖先であるハイイロオオカミのように、犬は栄養豊富でさまざまな種類の動物原材料を丸ごと食べるようにできています。
オリジン オリジナルは、自社キッチンに届けられた放し飼いの鶏や七面鳥、天然の魚、平飼い卵を原料に肉、内臓、軟骨、骨を使って作られています。
動物原材料の3分の2は新鮮または生で、タンパク質がぎゅっと詰まっています。
栄養価の高いタンパク質とフリーズドライのレバーを配合したフードが自然界と同じような栄養と、愛犬が大好きな味を提供します。

オリジンの哲学

  • 生物学的に適正

    生物学的に適正

    愛犬にぴったりのタンパク質豊富なフード
  • 動物原材料のトップ10が新鮮または生

    動物原材料のトップ10が新鮮または生

    栄養素を最も自然かつ栄養価の高い形で提供
  • ホールプレイ(原材料を丸ごと配合)フード

    ホールプレイ(原材料を丸ごと配合)フード

    家禽類、魚、内臓、軟骨、骨など、野生の状態で犬が食べるものを再現
  • フリーズドライのレバー

    フリーズドライのレバー

    フリーズドライのレバーを配合したキブル(形状)で愛犬が喜ぶ味に

良質な原材料から生まれる良質なフード

原材料の割合は?

85%が良質な動物原材料

85%が良質な動物原材料

85%が良質な動物原材料

原材料の割合は?

85%が良質な動物原材料

必須タンパク質、ビタミン、ミネラルを豊富かつ自然に摂取することができます。

新鮮/生の原材料の割合は?

原材料の3分の2は、新鮮または生の家禽類と魚

原材料の3分の2は、新鮮または生の家禽類と魚

原材料の3分の2は、新鮮または生の家禽類と魚

新鮮/生の原材料の割合は?

原材料の3分の2は、新鮮または生の家禽類と魚

愛犬が喜ぶ栄養たっぷりの美味しいフードに。

量は?

5種類の動物原材料の使用割合(ホールプレイ率による)

  • 1 1/2kg
    1 1/2kg 鶏肉、内臓、軟骨
  • 3/4kg
    3/4kg 七面鳥、内臓、軟骨
  • 1/2kg
    1/2kg 平飼い卵
  • 1/3kg
    1/3kg 天然丸ごとニシン
  • 1/4kg
    1/4kg 天然丸ごとカレイ

原材料

新鮮鶏肉 (25%), 新鮮七面鳥肉 (8%), 新鮮鶏内臓 (レバー, 心臓) (7%), 生の丸ごとニシン (6%), 生の丸ごとヘイク (5%), 新鮮卵 (5%), 生七面鳥レバー (5%), ディハイドレート鶏肉 (4%), ディハイドレート七面鳥肉 (4%), ディハイドレートサバ (4%), ディハイドレートイワシ (4%), ディハイドレートニシン (4%), 丸ごと赤レンズ豆, 丸ごとヒヨコ豆, 丸ごとエンドウ豆, 鶏脂肪 (3%), 丸ごと緑レンズ豆, 丸ごとピント豆, 丸ごと白インゲン豆, レンズ豆繊維, ポロック油 (1%), エンドウ豆スターチ, 乾燥ケルプ, 新鮮丸ごとカボチャ, 新鮮丸ごとバターナッツスクワッシュ, 新鮮丸ごとズッキーニ, 新鮮丸ごとニンジン, 新鮮丸ごとリンゴ, 新鮮丸ごと洋梨, 乾燥チコリールート, 新鮮ケール, 新鮮ホウレン草, 新鮮ビートの葉, 新鮮カブラ菜, 丸ごとクランベリー, 丸ごとブルーベリー, 丸ごとサスカトゥーンベリー, ターメリック, オオアザミ, ゴボウ, ラベンダー, マシュマロルート, ローズヒップ 酸化防止剤: 植物油から抽出したトコフェロール: 121mg, クエン酸: 40mg, ローズマリーエキス: 80mg 添加栄養素 (1kgあたり): 3b606 (亜鉛: 105mg), 3b406 (銅: 11mg), 3a821 ビタミンB1: 10mg, 3a672a ビタミンA: 3750 IU, 3a671 ビタミンD3: 500 IU, 3a700 ビタミンE: 80 IU 添加腸球菌: 4b1707 エンテロコッカスフェシウム菌 NCIMB 10415 1x10^9 CFU

保証成分

  • 粗たんぱく質 38 %
  • 粗脂肪 18 %
  • 粗灰分 9%
  • 粗繊維 5 %
  • 水分 12 %
  • カルシウム/リン 1.4% / 1.1%
  • オメガ6脂肪酸 3 %
  • オメガ3脂肪酸 1%
  • DHA/EPA 0.3 % / 0.2 %
  • 代謝エネルギーは 3860 kcal/kgまたは250mlカップ1杯(120g)につき、463 kcalです。

給餌方法

1日の給餌量の目安を算出してみましょう

以下のツールは出発点となるものです。最適な体重と最高のコンディションを維持するためには必要に応じて調整してください。調整の目安として愛犬の体重を測定することをお勧めします。給餌は1日2回とし、常に新鮮できれいな水を用意しておくことをお勧めします。

測定単位

1日の給餌量

選択肢を選ぶと、結果がここに表示されます。

    
★★★★★

0

0件のレビュー

下の☆を選択すると絞り込みができます。

5☆

0

4☆

0

3☆

0

2☆

0

1☆

0

平均顧客評価

総合

★★★★★

0

品質

0

価格

0